地域で異なる福島の葬儀について

subpage01

葬儀は、従来、多人数が参列をすることで執り行われてきました。

福島で葬儀の情報が詰まったサイトです。

一方、例えば家族葬などニーズに合わせたスタイルも選ばれており、福島においても都市部を中心として同様な傾向にあります。ただ同じ福島でも地方においては従来のスタイルで執り行われることもまだまだ多く、県域で見た場合には会津地方、仲通り、浜通りと3つの地域によっても違いを見ることができます。
福島の特徴を挙げれば、例えば前火葬と後火葬があります。

前火葬は葬儀の前に既に火葬を済ましてしまうことがあり、始めての場合などでは故人と最後のお別れができず注意が必要です。

一方前火葬は会津地方ではほとんど見られず、通常の後火葬が一般的に行われています。
また、出棺のための門が作られたり棺の中にハサミを入れるなどの風習がある地域もあり、遺族が接待をしないことも特徴の1つにあります。


接待は近隣の家人が手伝いと称して行うことが多く、この場合、ねぎらう意味も含めて精進落しに手伝い人の席が用意されます。



福島ではほとんどの葬儀が地域に関係なく葬儀社に依頼されることで行われます。



居住地になくても近隣の市等にある業者に委託されており、予算や参列者等に合わせた規模で執り行われています。

費用に関しては1例として平均202万円とのデータもあり、内訳としては葬儀一式費用100万円、飲食接待費25.3万円、寺院費用60.9万円で、全国平均195.7万円に比べ若干高い数字になっています。
一方39件と母体数は少ないものの、ここでは、葬式自体にかかった費用が1、660、256円、飲食費619、231円、返礼品費用682、051円、会葬者数131人、参列者からの香典合計1、455、128円が内訳となります。