病院でできる薄毛治療

これまで薄毛になってしまむと、独自の方法で育毛剤を使ったり、マッサージをしたりして対処してきました。しかし、最近は病院で薄毛の人を対象に薄毛治療ができるようになりました。ここで、治療対象になるのはAGAと呼ばれる薄毛のタイプの人が対象となります。このAGAは、多くの薄毛の人のタイプであるといわれていますから、20代後半から30代前半などから少しずつ髪の毛が薄くなってきているような人は、ほとんどAGAである可能性が高いといえます。

では、実際にどのような薄毛治療をするかというと、薄毛の進行を止める薬を服用するということと、塗り薬を頭皮に塗るという治療法が主流となっています。まず、飲み薬に関してですが、これはAGAの原因として考えられている酵素の働きを弱める薬であり、この薬を服用することによって、髪の毛の成長を促進することができるようになります。塗り薬としては、頭皮の血行を良くする塗り薬を使用することによって、髪の毛の成長を促していきます。この2つの方法を行うことによって、薄毛の進行を止めつつ成長を促進することができます。

ただし、どのくらいの効果が出るかということについては、個人差があるといわれているので、誰でも100パーセント満足できるかどうかはわからないということになります。最近の統計では、半数以上の人は薄毛治療によって、その効果を実感することができたと答えていますから、ある程度の効果は期待できるといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *