包茎手術を横浜において日帰りで受けた後の対応

包茎手術を横浜で受けることができますが、その多くは日帰り手術になっているから、周囲の人に手術を受けたことを気づかれる可能性は少ないです。でも、術後のケアについても自分で行わなければならない場合がほとんどだから、患部を見るのが苦手な人は入院治療もできるところを選んだほうがよいでしょう。術後の痛みが強く出るケースはそれほど多くありませんが、個人差があるため油断せずにしっかりと体調管理をする必要性があります。処方された痛み止めは痛みを我慢できなくなってから飲むのではなく、少しでも痛くなってきたら飲んでしまっても大丈夫です。

うまく痛みをコントロールしていかないと、多大なストレスになって傷の治りも遅れてしまいます。内出血はどんな手術でも発生しますから、包茎手術を横浜で受けた後にどす黒く変色していても失敗したわけではなく、日にちが経てば次第に薄まっていきます。術後の翌日はクリニックで消毒と包帯の交換をしてくれる場合がありますが、約1週間程度自分で対応することになった人は、十分注意が必要です。手洗いをしっかりとして包帯の取り扱いも慎重に行わないと、患部に雑菌が付着してしまいます。

炎症が起きると治りが遅れるため気をつけて行動し、シャワーや入浴も医師の許可があってからにしましょう。抜糸が必要な手術だった方は10日から1週間後ぐらいに再度クリニックへ行く必要があり、溶ける糸だった人は目立たなくなるまで3週間以上かかるでしょう。違和感がなくなるのはさらにその後で、包茎手術を横浜で受けてから、変わりなく生活できるまでは1ヶ月以上必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *