包茎手術は糖尿でも可能です

包茎の原因には遺伝など様々な要因が考えられますが、成長過程や成人した後の生活習慣が原因となっているケースもあります。

特に糖尿の気配がある場合、ペニスの皮が糖化を起こしてしまい、ペニスに十分な血液が送られなくなってしまうことから包茎を引き起こしてしまうこともあるため、糖尿の気配がある場合には早めに包茎治療の専門クリニックに相談することが大切と考えられます。中には糖尿病を患っている場合などには包茎手術はできないのではないかと心配する人もいるでしょうが、包茎治療の専門的なクリニックでは糖尿病の気配がある場合でも問題なく包茎手術ができるため、できるだけ速やかに相談することをおすすめします。実際に包茎手術を行う際に流れですが、最初にどのクリニックでもほとんど例外なく事前のカウンセリングが行われます。

自分が糖尿病である可能性がある場合には、この事前カウンセリングで伝えておくことでよりスムーズに手術を行うことができます。カウンセリング後は実際に手術を行う日程を決め包茎手術を行います。手術の内容によって術後の経過には違いが生じますが、基本的には当日からシャワーを浴びることができますし、術後10日から14日程度経過した後は激しい運動やマスターベーションなども可能となります。その一方で性行為はすぐに行わるわけではなく30日程度間隔を開ける必要があるために既にパートナーがいる場合には、事前にその旨を伝えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *