コンジローマは横浜のクリニックで治療しましょう

コンジローマは横浜のクリニックで治療を行いましょう。

ヒトパピローマウイルスによる感染によって生じる性器の外側に出来るイボですので、パートナーに感染させないためにも早めに治療を受けることが大切です。コンジローマは症状が現れないこともありますので、もし身近なパートナーが感染している場合は自分も感染していないかどうか疑う必要があります。横浜近隣にお住まいの方は出来るだけ、自分の近くにあるクリニックで治療を受けた方がよいです。横浜にある専門クリニックを受診することをおすすめします。症状が現れた場合は性器周辺に二、三ミリの小結節ができますので、コンジローマが出来てしまった場合は、問診を受けましょう。

外科的治療を受けた場合は、患部を電気で焼いたり液体窒素で凍らせてから取り除く方法やレーザーを当てて焼き切ることもあります。薬物を使用した治療方法では、抗ガン剤の軟膏を患部に塗ったりインターフェロンの局所注射を打つこともあります。治療を行っても、再発する可能性があるため注意する必要があるでしょう。

ヒトパピローマウイルスの感染を予防するワクチンがありますので、横浜にあるクリニックで予防をされるとよいです。子供も感染した両親と触れ合う中でまれに感染してしまうことがあるため、感染させないように注意しながら生活を送る必要があります。感染者との性行為などで感染することが多いため、感染に気がついたら自分だけでなくパートナーにも気を配らなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *