糖尿病疾患者の包茎手術

包茎手術が必要な包茎には、親から受け継いだ遺伝子が影響する場合と、現代の生活習慣病が原因になる場合があります。

遺伝子の影響で亀頭を保護する包皮が物理的に多かったり、陰茎と包皮のバランスが悪く勃起しても亀頭がむき出しにならない。もしくは出口の包皮が狭いために、亀頭が露出できない等の状態になります。生活習慣が原因となるのは主に高血糖で、これは包茎の症状を悪化させます。高血糖の状態になると、動脈硬化のために血流が悪くなってしまいます。

そのため包皮に必要な栄養や酸素が行き渡らなくなります。必要な成分が不足した包皮は、炎症を起こし糖尿病性包皮炎となります。また乾燥した包皮は亀裂が生じることがあります。こうなると排尿時にその亀裂が尿でしみて、苦痛を感じるようになり、日常生活に悪影響を及ぼします。セックスの際に痛みが出て、性交渉が困難に感じられるかも知れません。また糖尿病の薬が影響することもあります。

カナグルやスーグラといった、尿から糖を排出する薬を飲む方に見られる症状です。糖を排出する時に、糖が尿道や亀頭に被っている包皮を傷つけてしまうことが原因で炎症が起こります。この炎症ができてしまったり、包炎が治るといった状況を繰り返すと、包皮が硬くなってしまい真性包茎になってしまう事があります。このような症状が出たら専門医の診察を受けると良いです。糖尿病疾患者は包茎手術を受けられないと考えている方がいるもしれません。実際には健康チェックを行い、赤血球内のタンパク質の一種であるHbA1cや血糖値を下げることで包茎手術を受けられることが多いので、専門の医療機関に問い合わせて確認しましょう。
包茎手術と糖尿のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *