Skip to content

賃貸物件のメリットとデメリット

不動産を買ったり借りたりすることを検討している場合、やはり悩ましいのが「買うべきか、借りるべきか」という問題です。

一戸建てやマンションを購入することにももちろんメリットがあります。ご自分の思い通りの家を建てることもできますし、一生住み続けることができるという安心感があります。また、入居後の使い方も自由ですから、大きくリノベーションして間取りなどを一変させることもできます。一方で、物件を購入するためには多額の資金が必要で、住宅ローンの負担が重くなります。

せっかく家を買ったのに転勤を命じられたというケースもあります。そこで、賃貸物件を選ぶというのも良い方法です。賃貸なら礼金などが必要になることはありますが、毎月の家賃を支払うだけですから経済的に楽です。修繕も大家さん任せですし、固定資産税を払う必要もありません。そして、これが一番大きなメリットといえるかもしれませんが、すぐに他の物件に引っ越すことができるのです。

これは転勤が多い方には特に大きな長所ですし、例えば住んでみたが不便だったり、ご近所とのトラブルが起きてしまったときなどにも安心です。やはりこうした身軽さ・気軽さというのは所有物件にはないものです。お気に入りの場所があって将来ずっと定住する、というのであれば物件を購入するのもよいですが、将来どうなるかわからないのであれば、賃貸住宅に住むというのはとても堅実な方法ですから、一考の価値があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *