Skip to content

新築の賃貸物件の換気

新婚で賃貸を借りるのであれば、新築の物件に住みたいものです。

新築の物件であれば、自分たちと同じように新婚の夫婦が借りる場合が多いですので何かと話が合うようになりますし、子供を授かった時にでも、一緒に仲良く遊ばせることが出来るかもしれません。しかし新築の物件の場合には気をつけなくてはならない点があります。新築の物件の特徴として、湿気が多いというのがあるのです。なぜ湿気が多いかというと、コンクリートや木材も、まだ新築して間もない時にはたくさんの水分が含まれているようになるからです。

ですので新築してしばらくというのは、水分の蒸発をしていく状態になりますので、二年くらいは湿気が多くなってしまいます。湿気が多い賃貸の場合は、きちんと湿気対策をするようにしておかなくてはなりません。こまめな換気が必要になりますので、共働きの夫婦の場合は特に注意が必要です。換気せずに一日中窓を閉めっぱなしにしていることによって、カビが生えてしまう可能性が出てきます。

せっかく新築の賃貸を借りたというのに、すぐにカビが生えてしまっては気持ちのいい物ではありません。一度カビが生えてしまうとその後も大変になってしまいますので、きちんと湿気対策をするようにしておきましょう。仕事から帰ってきたらすぐに窓を開けるようにするとか、休みの日にも窓を開ける事です。そういった事に注意しながら生活をしていく事によって、快適に新築物件で過ごすことが出来るようになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *