Skip to content

賃貸物件探しで見ておきたい設備

賃貸物件を借りる時には、必ず内覧をします。

最初は紙ベースのものやインターネット上に掲載されている情報を見るだけですので、実際に住んでみた時のことを想像するのは難しいのですが、足を運んで確かめることで想像しやすくなります。賃貸物件を見る時には、内外の設備に注目します。物件自体の設備としては、まずはインターフォンが音声だけのものなのかモニター付きなのかといった細かなところまでチェックします。お風呂は追いだき機能があるか、ベランダの広さはどうか、水周りの換気や排水管の状態は良好か、その他には収納機能の広さや使い勝手をチェックすることも忘れてはいけません。

暮らす上では風通しや日当たりも重要ですが、見に行く日によっては日当たりを確認できないこともあります。その場合には、予想で済ませるのではなく、自分の目で確かめることが大切です。また、外の設備では駐輪場や駐車場の有無、公共部分の内容について確かめます。車を持っている人が駐車場の無しの賃貸物件に引っ越す場合、その近隣で駐車場を見つけなければなりません。

天候の良い時には少し位離れていても問題ないだろうと思ってしまいますが、雨が降っていたり風が強かったり、自分の体調が悪い日もあります。そのような時に離れた駐車場では不便です。内外の設備をチェックしたら、忘れないようにメモをとることも重要です。複数の物件を同時期に見ている場合は、メモをとらないと混同してしまいます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *