Skip to content

賃貸契約時に交渉できるのは

賃貸住宅を借りる際、できるだけ初期費用を抑えたいと考えるのが普通です。

また、毎月の家賃が安ければ月々の生活が楽になりますので、家賃も安ければ安いに越したことはありません。賃貸契約時に交渉できるのは、敷金と礼金、そして家賃です。このうち敷金は必要な分を差し引かれて戻ってくるものですので、あまりお得感はありません。礼金と家賃のどちらも交渉を行うことはできますが、下げてもらえるのは大抵どちらか一方です。

人気のある物件はわざわざ条件を変えなくても借り手がつきますので難しいのですが、なかなか借り手のつかない賃貸物件は相談すれば初期費用の面を優遇してもらえる可能性はあります。家賃の交渉を行う際、タイミングを見計らわなければなりません。まずは物件を見てまだ決めかねている段階で、本格的に話を進める前に相談してみます。値下げには応じてくれない物件と、がんばれば応じてくれそうな物件がありますので、営業の人の対応で見極める必要があります。

あいまいな返事がかえってきたら交渉の余地が残されているということになりますが、営業の力量も必要な部分ですので経験の浅い新人では難しいかもしれません。家賃は建物のローン返済などに充てている可能性が高いので、家賃の値下げには積極的でない大家さんも多いようです。しかし、敷金や礼金はローンなどに充てられていることは少ないので、思い切って交渉してみたら下げてもらえたという話をよく聞きます。
マンションの管理のことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *