Skip to content

プロパティマネジメント

プロパティマネジメントとは、不動産に関する資産の管理業務を指しますが、狭義では投資用不動産の所有者もしくは所有者の資産管理を代行するアセット・マネジメント会社から受託して行う管理業務を意味します。

不動産のマーケットが激しく変動する現代では、オーナーが所有する不動産を経営することが難しくなってきたため、所有と経営を分離して不動産経営のみを代行する専門会社が生まれました。プロパティマネジメントの具体的な業務内容は、建物を物理的に維持・管理することや賃料・共益費などの金銭を請求したり、不動産を賃借するテナントの誘致・交渉を行なったり、トラブルがあった時に対応するなど様々です。

また、投資用不動産を経営する場合には、定期的にプロパティマネジメント・レポートを作成して、所有者またはアセット・マネジメント会社に提出する義務があります。アセット・マネジメント会社は、不動産に関わる決まりきまった業務を請負うわけではありません。

一棟ごとの物件それぞれの事情や状況を知った上でオーナーに寄り添い、最適な解決法を提供します。つまり、不動産経営全般を支えるアウトソーシングのようなものだといえるでしょう。具体的には、経営をする中でビルの収入増加を図るためにどうすれば良いかを提案します。不動産のコストを削減したり、価値を高めたり、毎日のビル設備を整備するためにそれぞれの計画を立てることで、ビルの収益を大きくしていきます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *