Skip to content

これからの不動産経営はプロパティマネジメントで

近年、不動産投資への注目度が上昇してきています。

バブル崩壊後は不動産価格は下がり続けて、不動産投資への熱はしばらく冷めていましたが、都市部などを中心に再び不動産への投資が活発化していきています。しかし、現在の不動産経営においては、時代にマッチしたマネジメントや専門的なノウハウが欠かせないものとなってきており、バブル時代のように適当に投資すれば儲かるというわけではありません。しかし経営に関して素人のオーナーが、不動産から生み出される収益を最大化するようなノウハウを持ち合わせていることは少ないでしょう。

そこで近年プロパティマネジメントを活用するオーナーが増加しています。プロパティマネジメントとは、簡単に言えば、不動産経営を代行してくれるサービスといえるでしょう。テナントを募集したり、付加価値を高めるために建物をリフォームしたり、ビルの管理をする会社を選定したりといった、それまではオーナー自身がやっていた仕事を代行してくれるわけです。

プロパティマネジメントを行なう会社は、不動産を有効活用するための豊富なノウハウ・知識を保有しており、それを駆使してオーナーに代わり経営を行なうので、オーナー自身ではできなかったような高収益を実現することも不可能ではありません。もちろん手数料は取られるわけですが、自分でマネジメントするよりも高い収益を上げられるケースもありますし、面倒な業務から解放されるというメリットもあるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *