Skip to content

プロパティマネジメントとは不動産経営の代行業”です

プロパティマネジメントとは不動産に関する資産の管理を行う業務のことで、建物の物理的な維持や管理業務を行います。

不動産を賃借するテナントの誘致や交渉、賃貸借業務の代行などにも関与し、賃料や共益費などの請求や回収、トラブル時の対応なども業務の1つです。不動産経営に関する様々な業務をオーナーに代わって行う不動産経営代行業のことで、個別の定型業務を請負うのではなく物件の事情に合わせてサービスを提供します。

親身なソリューションを提供する役割を担っているので、不動産経営全般をサポートするアウトソーシング的存在です。プロパティマネジメントはビル収入増加策の提案や日々の設備のメンテナンス計画、コスト削減やバリューアップなども図ります。ビル収益の極大化も役割の1つで、常に不動産の収益性に軸足を置いた業務を行うのが特徴です。不動産マーケットは日々目まぐるしく変動しているので、オーナー自ら経営をこなすのは困難な時代になっています。

そんな時代に生まれたのがプロパティマネジメントで、不動産経営だけを豊富なノウハウに基づいて代行します。不動産の開発や建築、運用や売却などにおいて、これまでオーナーは自らの裁量と判断で経営を営んできました。自ら収益の極大化を図ってきたのですが、土地神話の崩壊後は右肩上がりの時代は終焉を迎えることになります。不動産経営に豊富なノウハウと専門性を有するプロパティマネジメントは今の時代に必要不可欠で、オーナーの要望に応じて不動産経営をサポートする頼りになる存在です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *