Skip to content

プロパティマネジメントとは何か

プロパティマネジメントとは、主に不動産に関する資産の管理を行う業務のことを指します。

不動産を財産の一種として管理するというところからこの用語が使われています。不動産経営を行うためには仲介会社やメンテナンス会社、施工会社との業務委託契約や賃借人との賃貸借契約などが必要となり法律関係が複雑になりますが、プロパティマネジメントを導入することでそういった業務をマネジメント会社に委託することができるのです。

具体的には建物の維持・管理や賃貸物件の経営戦略の立案から賃料回収、賃借人との交渉などがあり、その扱う範囲は非常に広範です。プロパティマネジメントを行うことで不動産オーナーは自らの物件に関する業務を専門のスタッフに任せることができ、不動産経営にかかる手間やリスクを大幅に軽減できるのが大きなメリットとなっています。また、マネジメント会社が持つ信頼性やルートを利用することで賃貸物件の空室を減らすことにもつながります。

そのため専門的な知識や経験がなくとも不動産投資が行いやすくなり、初心者でも比較的簡単に不動産経営を行えるようになりました。このようにプロパティマネジメントは現在の不動産取引において大きな役割を果たしています。現在では所有と経営の分離が必要になる中で世界中にプロパティマネジメントを業務として行う会社が存在し、大手不動産会社の多くはこれを導入するなどその重要性は日増しに高まっているようです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *